投稿規定

現代医療鍼灸臨床研究会事務局
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学医学部附属病院リハビリテーション部鍼灸部門内

Copyright (C) 2007 The Japan Society of Modern Acupuncture and Moxibustion Reserch. AllRights Reserved.


このページのTOPへ

             現代医療鍼灸臨床研究会定款

第1章 総 則

(名称)
第1乗 本会は、現代医療鍼灸臨床研究会と称する。
(事務局)
第2条 本会の事務局を、東京大学医学部附属病院リハビリテーション部鍼灸部門内
  (東京都文京区本郷7−3−1)におく。
2 事務局には、会の事務を処理するため、事務局長および事務局員若干名をおく。
(目的)
第3条 本会は、鍼灸学に関する学術研究と臨床応用の推進により、鍼灸医学の進歩と    
   普及に貢献し、もって鍼灸医療の社会的地位の向上とともに学術文化の発展に寄    
   与することを目的とする。
(事業)
第4条 本会は前条の目的を達成するために以下の事業を行う。
(1)学術集会の開催
(2)研究会誌の編集および発行
(3)国内外の関係学術団体との交流、連絡ならびに提携
(4)その他本会の目的を達成するために必要な事業
(入会)
第5条 本会は、会の目的に賛同し、入会を希望する個人または団体をもって構成する。
2 会員となるには当該年度の会費を添えて、所定の様式による申し込みを行い、理
  事会の承認を得るものとする。
(退会)
第6条 会員は、所定の様式により届け出を行えば、自由に退会することができる。
2 会費を1年以上滞納し、督促に応じない場合は退会とみなす。

第2章 会 員

(会員の種別)
第7条 本会の会員の種別は、次のとおりとする。
(1)正会員:前条の規定に則って入会した、はり師、きゅう師、医師、歯科医  
   師および医学研究者、その他理事会で認められた者
(2)賛助会員:本研究会の目的に賛同する団体または個人
(会費の納入)
第8条 会員は、細則で定められた会費を納入しなければならない。
(会員の資格喪失)
第9条 会員が次の各号の一に該当する場合は、その資格を喪失する。
(1)退会したとき
(2)死亡または失踪宣言を受けたとき
(3)除名されたとき
(除名)
第10条 会員が、本会の名誉を著しく傷つけ、もしくは目的に反する行為をしたとき
    は、理事会の決議により除名することができる。この場合、当該会員に対し、
    決議の前に弁明の機会を与えるものとする。
        
第3章 役 員

(種類および定員数)
第11条 本会には次の役員を置く。
 (1)理事:9〜13名
 (2)監事:2名
 (3)評議員:20〜25名
2 理事のうち、1名を会長、2名を副会長、1名を事務局長とする。
(選任)
第12条 理事および監事は、理事会で推薦し、評議員会の議決を経て、総会において
    承認する。
2 会長は理事の中から互選し、評議員会の議決を経て、総会において承認する。
3 副会長は理事のうちから会長が委嘱し、理事会および評議員会の議決を経て、総
会において承認する。
 4 評議員は、正会員の中から理事会で推薦し、評議員会の議決を経て、総会におい
  て承認する。
(任期)
第13条 理事の任期は、選任後2年以内の最終の事業年度に関する定期総会の終結の
    ときまでとする。但し、再任を妨げない。
2 任期満了前に退任した理事の補欠により選任された理事の任期は、前任者の在任
理事の残存期間とする。
3 監事の任期は、選任後2年以内の最終の事業年度に関する定期総会の終結のとき
までとする。但し、再任を妨げない。
4 任期満了前に退任した監事の補欠として選任された監事の任期は前任の残存期
間とする。
5 評議員の任期は、選任後2年以内の最終の事業年度に関する定期総会の終結のと
きまでとする。但し、再任を妨げない。
6 任期満了前に退任した評議員の補欠として選任された評議員の任期は前任の残 
  存期間とする。
(職務)
第14条 会長は本会を代表し、会務を総括するとともに、総会、理事会、評議員会お   
    よび正副会長会議を招集する。
2 副会長は会長を補佐し、会長に支障あるときは、その職務を代行する。
3 理事は、理事会を組織し、本会事業の執行をはかり、必要に応じて、理事会に設
置される専門委員会の長を兼ねることができる。
4 監事は次の職務を行う。
 (1)財産および会計の状況
 (2)理事の業務執行の状況
 5 監事は、前号の事項につき、不正を発見したとき、これを理事会、評議員会また
   は総会に報告し、必要があるときは、会長に対し、理事会、評議員会または総会  
   の招集を請求できる。
 6 評議員は、評議員会を組織し、理事会の諮問に応じ、会務の執行に関する重   
   要事項を審議する。

第4章 顧問

第16条 本会に顧問をおくことができる。
2 顧問は理事会で選任され、会長が委嘱する。
3 顧問は本会の事業遂行にあたり、理事会に出席し助言を行うことができる。

第5章 総会

(種類)
第16条 本会の総会は、定期総会および臨時総会の2種類とする。
(構成と権限)
第17条 総会は、正会員をもって構成し、議長は会長がつとめ、この定款で定めるも     
    ののほか、本会の運営に関する重要事項を決議する。
(開催)
第18条 定期総会は、毎年1回、事業年度終了後に開催する。
2 臨時総会は次の各号の一に該当する場合に開催する。
 (1)理事会または評議員会で決議されたとき
 (2)監事からの招集請求があったとき
(議決)
第19条 総会の議事は、この定款で特別の定めのある事項を除き、出席した正会員の
    過半数をもって決し、可否同数のときは議長の決するところによる。
(議決権行使の委任)
第20条 総会に出席できない正会員は、他の正会員を代理人として議決権の行使を委
    任することができる。

第6章 理事会

(構成)
第21条 理事会は、理事をもって構成する。
(権限)
第22条 理事会は、この定款で定めるもののほか、次の事項を決議する。
 (1)総会に付議する事項
 (2)総会で決議した事項の執行に関する事項
 (3)その他、会務の執行に関する重要事項
(専門委員会)
第23条 理事会は、必要に応じて、専門委員会をおくことができる。
2 専門委員会に関する規定は、別に定める。

第7章 評議員会

(構成および職務)
第24条 評議員会は、評議員をもって構成する。
 2 評議員会は、この定款で定めるもののほか、理事会の諮問に応じ、会務の執行に
関する重要事項を審議する。

第8章 正副会長会議

(構成)
第25条 正副会長会議は、会長、副会長をもって構成し、必要に応じ、理事が出席す   
    ることができる。
(職務)
第26条 正副会長会議は、次の事項を審議する。
 (1)理事会および評議員会に付議する事項
 (2)その他、会務の執行に関する事項

第9章 学術集会

(学術集会)
第27条 学術集会は、会長が主催し、毎年2回、開催する。
2 学術集会に関する規定は別に定める。
        
第10章 会計

(財産の管理)
第28条 本会の財産は会長が管理する。
(経費)
第29条 本会の経費は次の収入をもってこれに充てる。
 (1)会費
 (2)寄付金
 (3)その他の収入
(事業年度)
第30条 本会の事業年度は毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

第11章 定款の変更

(定款の変更)
第31条 定款の変更には、過半数の理事が出席する理事会において、その3分の2以
    上の賛成を必要とし、評議員会の議決を経て、総会の承認を得なければならな
    い。
         
第12章 補 則

(会費)
第32条 本会の年会費は細則に定める。
(細則)
第33条 この定款施行についての細則は別に定める。
附則 本定款は平成23年4月29日より施行する。

現代医療鍼灸臨床研究会細則(案)

第1章 目的

(目的) 
第1条 現代医療鍼灸臨床研究会定款によりこの細則を定める。

第2章 会員に関する細則

(入会金)
第2条 本会の入会金は5,000円とする。
(年会費)
第3条 年会費は次のとおりとする。
(1)正会員:5,000円
(2)賛助会員:一口10,000円

第3章 研究会誌に関する細則

(研究会誌の配布)
第4条 定款第4条にもとづき、研究会誌「現代鍼灸学」を編集し、発行する。
2 研究会誌は会員には無料で配布し、その他希望する者には実費で頒布する。
(研究会誌の頒布価格)
第5条 研究会誌の頒布価格は4,000円とする。

第4章 学術集会に関する細則

(開催)
第6条 学術集会は年2回開催する。
(参加費)
第7条 学術集会の参加費は以下のとおりとする。
  (1)会員:3,000円
  (2)学生:3,000円
  (3)非会員:5,000円

第5章 専門委員会

第8条 専門委員会は以下のとおりとする。
  (1)総務部
  (2)財務部
  (3)編集部
  (4)学術部
  (5)広報部

第6章 補則

(細則の変更)
第9条 この細則の変更には、過半数の理事が出席する理事会において、その3分の2 
   以上の賛成を必要とし、評議員会の議決を経て、総会の承認を得なければならな 
   い。
附則 この細則は平成23年4月29日より施行する。





      現代医療鍼灸臨床研究会 役員

1 理事

会長    坂井友実    東京有明医療大学
副会長   山口 智     埼玉医科大学
       安野富美子   東京有明医療大学
事務局長 粕谷大智    東京大学
理事    新井千枝子   埼玉医科大学
       小俣 浩     埼玉医科大学
       徳竹忠司    筑波大学
       野口栄太郎   筑波技術大学
       水出 靖     東京有明医療大学


2 監事
       磯部秀之    埼玉医科大学
       緒方昭広    筑波技術大学


3 評議員
       小倉洋子    東京大学
       菊池友和    埼玉医科大学
       木村友昭    東京有明医療大学
       木村博吉    東海医療学園専門学校
       小糸康治    東京大学
       古賀義久    東京有明医療大学
       坂口俊二    関西医療大学
       清水洋二    中和医療専門学校
       菅田陽太    呉竹医療専門学校
       菅原正秋    東京有明医療大学
       杉田正道    東京大学
       鈴木裕明    明生鍼灸院
       鈴木まみ子   呉竹医療専門学校
       中澤光弘    はり・きゅう健心会
       中村宏孝    はざま鍼灸院
       藤井亮輔    筑波技術大学
       美根大介    東京大学
       三村直巳    新宿鍼灸柔整専門学校


4 専門委員会

総務部
   部長 粕谷大智    東京大学
       小俣 浩     埼玉医科大学
       徳竹忠司    筑波大学
       杉田正道    東京大学
       美根大介    東京大学
       小倉洋子    東京大学

財務部
   部長 安野富美子   東京有明医療大学
       新井千枝子   埼玉医科大学
       古賀義久    東京有明医療大学
       菅原正秋    東京有明医療大学

編集部
   部長 水出 靖     東京有明医療大学
       木村友昭    東京有明医療大学
       中澤光弘    はり・きゅう健心会
       藤本英樹    東京有明医療大学

学術部
   部長 安野富美子   東京有明医療大学
       小井土善彦   せりえ治療室
       高梨知揚    東京有明医療大学

広報部
   部長 野口栄太郎   筑波技術大学
       菊池友和    埼玉医科大学
       小糸康治    東京大学
       辻内敬子    せりえ治療室
現代医療鍼灸臨床研究会
                   投 稿 規 定

1. 本誌は「鍼灸学に貢献しうる論文で他誌に発表されていないもの」を掲載する.
2. 投稿者は本会会員に限る. ただし, 依頼原稿についてはこの限りではない.
3. 研究が倫理審査委員会の審査を受け,あるいは,患者同意を得て行われた臨床研究で
  ある場合にはその旨を明記する.
4. 原稿は, 口語体, 当用漢字, 新かなづかい,ひらがなまじり,横書き,楷書とし句
  読点,かっこは1 字を要し,改行の際は冒頭1 字分を空ける.ワードプロセッサを使 
  用し,1 行全角20 字で印字すること.
5. CD原稿も提出すること.CDは,DOS/V 用フォーマットしたものを使用し, 必ずワ
  ード・パワーポイント形式で保存すること.
6. 外国語, 原語は明瞭な欧文活字体を用い,日本語化したものは片かなを用いてよい.
7. 数字は, アラビヤ数字を用い, 度量衡の単位は,mm,cm,ml,g,等とする.
8. 図・表は墨1 色で別紙に作製する.図・表・写真には必ず番号をつけ,挿入場所を本
  文に赤インクで指定する.
9. 図・表・写真の原図を必ず同封する.原図においてコピーしたもの,文字の欠けてい
  るもの,かすれているもの等は不鮮明な印刷になるので避けること.トレースを編集
  では行わない.
10.図・表・写真の大きさは, 必ずしも掲載時と同一サイズでなくてもよい.写真におい
  てトリミングが必要な場合は,どの部分が必要か明記する.但し,CD原稿には,スペ 
  ースを空けておくこと.
11. 図・表・写真の説明ならびにタイトル等はすべて邦文で記載し,本文とは別に図・表
  の説明としてプリントアウトするとともにCDにも保存する.
12. 文献は, 引用番号( 本文中の引用順),著者指名(3 名以上の場合はその他,et al.
   とする), 題名, 雑誌, 巻数, 頁,西暦年号の順に書く.単行本の場合には著者
   名, 書店, 版数, 発行者, 発行地,年次の順に記す.引用文献の主なものに限
   り,20 以内とする.
13. 原稿の長さは400 字原稿用紙に10 枚以上20 枚以内とし,図・表・写真は8枚以内
  とする.原稿および図・表のコピーは投稿者にて1部保存のこと.
14. 別刷はすべて有料とし, 校正時に部数を明記する.
15. 原著者の校正は1 回とする.
16. 原稿の採否および掲載時期は編集委員会に一任のこと.
17. 原稿は原則として返却しない.
18. 原稿およびCD原稿の形式
   (1)表題
   (2)著者名
   (3)所属
     住所・電話・FAX・E-mail アドレスを入れる.
   (4)内容要旨(和文で400 字以内)
   (5)キーワード(5 つ以内)
   (6)本文(緒言,実験,成績,考案,結論,文献)
   (7)図・表の説明の順とする.
   ただし,依頼原稿の場合はこの限りでない.
19. 原稿送付先
   〒135-0063
   東京都江東区有明2-9-1
   東京有明医療大学内
   現代鍼灸学編集部 (担当:水出 靖)
   TEL 03-6703-7047
   E-mail mizuide@tau.ac.jp

The Japan Society of Modern Acupuncture and Moxibustion Research

TOP

概要

規約

次回案内

研究会誌

入会方法

リンク

TOP>規約

プライバシーポリシー

研究会定款

投稿規定へ

このページのTOPへ